外科

当院の外科治療では、切り傷、擦傷、ひっかき傷、火傷、イボ、その他の外傷に関しても診療致します。

切り傷・擦傷・ひっかき傷

ケガをされた場合、まず大事なのは傷口からばい菌を取り除くことです。ばい菌が残っていると傷口が膿み傷跡が残る原因となります。何より初期治療が大切です。

火傷(やけど)

火傷はとにかく初期治療が大切です。冷水で洗い流し、しっかりと冷やすことが大事です。その時はなんともないと思っていても、意外と熱の深達度が深く取り返しのつかないことがあります。また、重症の場合、熱傷ショック、溶血、低蛋白血症、腎障害、呼吸障害、消化管障害、感染などの影響を受けますのですぐに受診してください。

イボ

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)は顔や手の甲、腕、胸や背中などにできるイボで、紫外線による肌の老化が主な原因です。「老人性イボ」や「老人性疣贅(老人性ゆうぜい)」とも呼ばれます。若いうちにでき始めることもあり早ければ20代からでき始め、年々増加します。

巻爪、陥入爪

巻爪や陥入爪の原因は様々で、一般的には爪の強打や体重の増加、爪の切り方や形状、足に負担のかかる靴を履く等があげられます。当院では、巻爪、陥入爪の治療として2種類の治療法をご用意しております。

【保険内治療】

爪が皮膚にくい込んでいる部分をカットします。爪をカットすることで、巻爪の痛みは和らぎますが、治療を行ううえでの痛みが若干御座います。こちらの治療方法は保険が適用されます。

【保険外治療】

爪が伸びている部分に対してワイヤーを取り付けます。ワイヤーが引張る力を利用して爪自体を矯正します。爪のカットに比べると痛みも少ない治療法となりますが、こちらの治療法は保険が適用されません。

ケガの治療は迅速な対応が大切ですので、お早めにご対応いただくようお願い致します。

清水医院アクセス

  • 【所在地】
    〒580-0043
    大阪府松原市阿保3-15-25
    詳しい地図はこちら
  • 【TEL】
    072-331-0705
  • 【交通】
    近鉄南大阪線「河内松原駅」より徒歩6分
    ※北出口から出て商店街を北へ400m
  • 【駐車場】
    医院前に3台分、敷地外に2台分ございます。
    (詳しくはお電話でお尋ね下さい)