胃腸科

当院の胃腸科内科では、食道・胃・十二指腸・肝臓・すい臓・大腸などの病気に対する診断と治療を行っています。
特に消化管の胃潰瘍・悪性腫瘍(ガンなど)の内視鏡を中心とした診断・治療を行っています。当院の胃腸科内科では、食道・胃・十二指腸・肝臓・すい臓・大腸などの病気に対する診断と治療を行っています。
特に消化管の胃潰瘍・悪性腫瘍(ガンなど)の内視鏡を中心とした診断・治療を行っています。

胃の内視鏡検査

一般的に口からの内視鏡検査は、のどの奥にある舌根にスコープが接触してしまうため、嘔吐感と窒息感に悩まされる患者さんがいらっしゃいます。この苦痛から検査を避けられて、病気が進行してしまうといった問題もございます。これに対し当院の内視鏡は、鼻からスコープを挿入する直径5mmのタイプで、スコープが舌根部に触れることなく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもありません。

胃の病気

■胃癌(いがん)

食生活の変化・がん検診の普及・治療の進歩で死亡率は年々減少傾向にありますが、患者さんの総数では現在も一番多いがんです。危険因子は高濃度食塩、防御因子は緑黄色野菜の摂取と言われています。近年、胃潰瘍の再発・難治化の原因として注目されている、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)も、胃がんの危険因子と言われるようになりました。ピロリ菌が胃内に存在すると持続性の胃炎を生じることが原因と考えられています。症状として、みぞおちの痛みや食欲不振、吐き気などで、更に早期胃癌ではほとんど症状がないのが普通です。もし少しでも症状がある場合や検診でチェックされた場合には、胃癌早期発見のためにも専門機関できちんと精密検査(内視鏡検査)を受けることが大切です。

■食道癌(しょくどうがん)

ほとんどが食道の一番内側の粘膜に発生し、40歳代後半からの男性に多く発病します。原因の一つとして飲酒と喫煙が挙げられますので、どちらかにあてはまるひとはリスクが高まります。また、 熱い物をそのまま飲み込むことも、罹患率を高くすると考えられています。初期症状のうちは目立った兆候がほとんどないため、定期的な検診が重要です。

■胃ポリープ

ポリープの原因にはいくつかありますが、主には「傷ついた組織の過剰再生」によるものと考えられています。損傷した組織を再生する際には必ず過剰に再生するように出来ています。この過剰再生で作られた細胞がポリープとなります。また、がんの発症によっても細胞の過剰生産が行われることがあり、がんの場合もポリープ状の腫瘍を形成します。特に自覚症状はありません。X線や内視鏡の検査で発見されることが多く、大きくなった過形成性ポリープは、まれに消化管出血の原因になります。

■胃潰瘍

潰瘍は胃の粘膜の下にある筋層までが傷つき、食後少し時間が経過すると心窩部(しんかぶ)痛(みぞおちの痛み)、背中の痛みが起こります。また、高齢者では胃潰瘍の出血が、心筋梗塞や狭心症の引き金になることもあります。症状が重くなると食後や空腹時を問わず痛むことがあります。

■胃粘膜下腫瘍

胃粘膜下腫瘍は、胃の粘膜層よりも深いところにある胃壁内の病変によって、粘膜が胃の内腔に突出した隆起のことをいい病変は悪性の場合もあります。腫瘍が小さい場合はほとんど無症状ですが、多くは健診などで発見されて、時に心窩部痛(しんかぶつう)や腹部不快感を伴う場合があります。悪性では腫瘍が崩れて出血し、吐血や下血を生じることがあります。

■胃マルトリンパ腫

マルトリンパ腫は体中のどこにもできますが、胃に限っていえばその約80%は、慢性胃炎、胃十二指腸潰瘍や胃がんの原因ともなっているヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染が原因になっています。多くの人は無症状ですから、多くは健診で発見されています。そのほか、腹痛、胸やけ、上腹部の不快感、時に吐血などを生じる人がいますが、症状は一般的に軽い場合が多い傾向にあります。

■急性胃炎

急性胃炎の原因は様々で、胃の粘膜に炎症をおこす病気です。急激に発症して浮腫、出血、びらん(ただれ)がみられ、潰瘍を起こしていることもあります。みぞおちのあたりの急激な痛みなどがあり、検査の結果、胃の粘膜に異常が認められ、急性胃炎、急性潰瘍をともなうものを急性胃粘膜病変(AGML)といいます。

■慢性胃炎

慢性胃炎は胃酸を分泌している腺が、萎縮をおこし修復されずに進行していく胃粘膜の病気です。主な症状には、空腹時や夜間のむねやけ、食後にむかむかしたり、もたれた感じがありますが、胃潰瘍や胃がんでも同じ症状がみられます。

■十二指腸潰瘍

十二指腸の粘膜に潰瘍ができる病気で、胃に近い部分に多く見られます。十二指腸の壁は胃壁に比べて筋層が薄いので深く進行し、出血、穿孔(せんこう)を起こしやすくします。
症状は、腹痛がもっとも多く、特に夜間、早朝などの空腹時におこりやすいです。また、食物を食べると症状が緩和し、潰瘍部分が出血し、時には吐血や下血をおそしたり、狭窄(きょうさく)や変形をおこして、食物が通過しにくくなり嘔吐をおこすこともあります。

大腸の内視鏡検査(大腸ファイバー)

一般的に口からの内視鏡検査は、のどの奥にある舌根にスコープが接触してしまうため、嘔吐感と窒息感に悩まされる患者さんがいらっしゃいます。この苦痛から検査を避けられて、病気が進行してしまうといった問題もございます。これに対し当院の内視鏡は、鼻からスコープを挿入する直径5mmのタイプで、スコープが舌根部に触れることなく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもありません。

大腸の病気

■大腸癌(だいちょうがん)

大腸癌は大きく分けると、結腸がんと直腸癌の二つがあります。とも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。以前、日本人の大腸癌は直腸癌が多かったのですが、近年は欧米人の様に結腸癌が多くなってきており、大腸癌患者は増加の一途をたどっています。癌死亡第二位の胃癌を上回るのは時間の問題といわれてます。大腸癌は早期発見すればほぼ治ると言われています。しかし、発生率が他のがんよりも高いため死亡者数は常に上位です。早期発見できれば完治しやすい癌なので早期発見のためにも専門機関できちんと精密検査(内視鏡検査)を受けることが大切です。

■大腸癌のお知らせ

【対象となる方】大腸がん検診は、主婦の方や、職場で検診を受ける機会が無い満40歳以上の松原市民を対象に、各種検診を年度(4月1日から翌年3月31日)毎に1回に限り受診していただけます。
【費用】無料

■大腸ポリープ

大腸ポリープにはいくつかの種類があり、簡単にいえば大腸にイボのようなものができます。しかし、通常のイボと違う点はガン化する可能性がある点です。小さなポリープはほとんど症状がありませんが、大きくなってくると、便潜血(べんせんけつ)や鮮血便(せんけつべん)の症状がでます。

■急性大腸炎

突然に大腸に異変が起こる事により発生する病気です。原因は多々あるが、主な原因としては、寄生虫、細菌、過食、腸内に異物、アレルギー、ストレス等が考えられます。

■潰瘍性大腸炎

何らかの原因により、大腸の粘膜に炎症が起こり、びらん(ただれ)や潰瘍ができる病気です。腸に起こる炎症のために、下痢や粘血便(血液・粘液・膿の混じった軟便)、発熱や体重減少などの症状があらわれます。

■大腸憩室炎

何らかの原因により、大腸にできたくぼみです。 たいていは無症状なのですが時にばい菌が入って感染をおこしたり(憩室炎)、出血の原因になります。

■腸結核

結核菌は主に肺に病変をつくることが多いですが、時に肺からでた菌を飲み込み、消化管に病巣をつくることがあります。特に小腸から右側に大腸(上行結腸)までが感染範囲になります。
内視鏡では診断できず、血液検査での診断となります。

■腸閉塞

何らかの原因により腸の中を便が流れなくなり停滞してしまいます。主な原因としては、ねじれや折れ曲がりがおこったり、または腫瘍などで腸管内部がふさがれてしまうものです。
激しいけいれん性の腹部激痛がおこったり、そのほか嘔吐や便秘、腹部膨満、発熱、頻脈などがおこります。内視鏡では診断できず、血液検査での診断となります。

■急性虫垂炎(盲腸)

異物や糞石などが原因で、虫垂内の閉塞(へいそく)がおこり、二次的に細菌感染を起こす化膿性の炎症です。虫垂に穴のあいた場合は、穿孔(せんこう)性虫垂炎といいます。必ず出る症状は腹痛です。腹痛は上腹部、またはおへそ周辺に突然始まり、時間とともに右下の腹部(回盲(かいもう)部)に移ってきます。

■過敏性腸症候群

特に消化器の疾患がないにもかかわらず、腹痛や腹部膨満感を伴う便通異常をおこす慢性疾患です。これは腸管の運動が異常に亢進したり、刺激に対する反応が過敏になっているためと考えられています。 心因性、自律神経失調が原因であることが多く、心因性としてはストレスや性格の影響が大きいといわれています。

■クローン病

確かな原因はわかっておらず、免疫系の機能不全により環境、食事、感染などの要因に対して腸が過剰に反応するためだと考えられています。一部の人はこの免疫系の機能不全に対する遺伝的素因をもっており、喫煙もクローン病の発症と、症状の再発に関連しているといわれています。クローン病の初期症状で最も多いのは、出血を伴う慢性下痢、けいれん性の腹痛、発熱、食欲不振、体重減少です。

清水医院アクセス

  • 【所在地】
    〒580-0043
    大阪府松原市阿保3-15-25
    詳しい地図はこちら
  • 【TEL】
    072-331-0705
  • 【交通】
    近鉄南大阪線「河内松原駅」より徒歩6分
    ※北出口から出て商店街を北へ400m
  • 【駐車場】
    医院前に3台分、敷地外に2台分ございます。
    (詳しくはお電話でお尋ね下さい)