よくある質問

Q1.電話での相談はできますか?

おおよそのことは理解できたとしても、言葉だけでは推し量れないさまざまな症状、病態がありますし、診療時間中ともなると時間の制約があり、十分な説明をできない場合もございます。 まずはお気軽に、お電話でお問い合わせください。

Q2.初診の場合、何が必要ですか?

健康保険証をご持参いただければ結構です。
医療に関わるその他の証明書がある場合には、持ってきていただき、その取り扱いについて確認し、対応いたします。

Q3.予約はできますか?

一般の診察は、電話予約は受けておりません。その時の混雑状況により、お待ち頂く時間が異なります。
但し、緊急な場合、重症な場合などは適宜対応しております。
検査は診察のうえで、予約をして頂きます。
尚、インフルエンザワクチン以外の予防接種は、お電話で御予約のうえで、御来院下さい。

Q4.予約のキャンセルをしたいのですが?

お仕事の都合や急なご予定で変更される時には、できればお早めにご連絡ください。
またうっかり忘れた時でも、遠慮なさらず連絡して、予約を変更してください。

Q5.車で来院したいのですが?

玄関前に3台分と、敷地外に2台分の駐車場をご用意しております。
詳しくはお電話にて、お問合せ下さいませ。(連絡先 072-331-0705)

Q6.当日の検査はできますか?

血液検査は、食事後6時間以上経過しておりましたら検査できます。
胃カメラ、大腸ファイバー、心臓エコー、腹部エコー、甲状腺エコーは基本的に予約になります。
乳房エコーは、一度診察を行いまして、必要に応じて御対応致します。
それ以外の検査も必要に応じて、御対応致します。

Q7.夜間・休日も診てもらえますか?

申し訳ありませんが、夜間・休日は対応できる態勢にはなっていません。
救急センターもしくは、お住まいの地域の救急当番医にご連絡の上、受診して頂くようお願いします。

Q8.風邪が完治してからどれくらい経てば予防接種を受けれますか?

麻疹・水ぼうそうなど重症の感染症→からだの免疫機能が低下しているため、4週間程度はあけましょう。
軽い風邪、急性胃腸炎、突発性発疹など→一般に症状が軽く、免疫低下も軽度であり、4週間あけていると次の感染症に罹ってしまう可能性もあるため、2週間程度あいていれば接種可能と考えます。

Q9.予防接種をした日に、激しい運動をしても大丈夫ですか?

予防接種を受けた日は、発熱などの症状を認めることがあるので中等度以上の運動は控えましょう。
特に、麻疹・三種混合、BCGなどは発熱や接種した部位が腫れるなどの変化を認めることがあるので数日は様子をみましょう。

Q10.インフルエンザ予防接種はいつ頃に受けるのが最適ですか?

近年、単発的なインフルエンザの発生は11月にもみられますが、主な流行はA型が12月中旬以降から始まることが多く、また4月末のゴールデンウィークの頃にB型が最後の流行をみせて終息することが多いです。
2回接種される方は13歳未満は2~4週間間隔、13歳以上(希望者)は1~4週間間隔となっておりますが、どちらも3週間以上開けた方がより有効な予防効果が得られます。
以上より、2回接種される方は、1回目を10月下旬から11月初旬に、2回目を11月中旬から下旬に、1回接種の方は11月中旬から下旬に接種すると12月中旬までにインフルエンザ予防効果を得ることができ、4月末から5月初旬まで効果を維持できると考えます。

Q11.ピロリ菌とは何ですか?

ヘリコバクターピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌の原因になる細菌です。
胃十二指腸潰瘍の患者さんは、胃の中にヘリコバクターピロリ菌がいるかどうかを検査して、ヘリコバクターピロリ菌陽性の場合は除菌治療(制酸剤と2種類の抗生物質を1週間内服)を行ないます。

Q12.鼻からの内視鏡検査はできますか?

はい、できます。
当院では、鼻から内視鏡を挿入する経鼻内視鏡をを取り扱っております。
鼻からスコープを挿入する直径5mmのタイプで、スコープが舌根部に触れることなく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもありません。

Q13.大腸内視鏡は、受診当日できますか?

大腸内視鏡検査は、前日就寝前と当日の朝から下剤を飲んで、完全に便を出してからの検査になりますので完全予約制になります。まずは、一度来院して頂き、予約を取り、検査法、下剤の飲み方をご説明します。

Q14.内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)は実際、どのくらい時間がかかるのでしょうか?

一般に、胃の内視鏡検査にかかる時間は、5~10分程度です。
経鼻内視鏡検査の前処置として鼻に局所麻酔を行い、経口内視鏡検査の前処置は喉に局所麻酔をします。
検査後、喉の麻酔が残っていますので、60分は飲食や喫煙を控えていただきます。
当日は、絶飲食で御来院下さい。
大腸内視鏡検査も同様に前処置として、腸内の洗浄をします。検査時間は、15~30分くらいです。 前処置を検査前日から行いますので、翌日以降の施行になります。

Q15.禁煙治療に健康保険が適応されますか?

下記の要件を全て満たす方は、禁煙治療を健康保険等で受けることができます。
ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)で5点以上。
[1日の喫煙本数×喫煙年数]が200以上。1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている。
禁煙治療を受けることに文書で同意(サインなど)。
※要件を全て満たさなくても、自由診療で禁煙治療を受けられます。
【注意】禁煙治療に健康保険等を使えない医療機関もあります。健康保険等による禁煙治療を希望される場合は、医療機関検索で該当機関を検索していただくか、事前に医療機関にお問い合わせください。
また、過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。

Q16.禁煙治療にどのくらいの期間が必要ですか?

健康保険等を使った禁煙治療では、12週にわたり計5回の診察を受けます。
途中で医療機関に通うのをやめてしまった人より、禁煙治療を5回全て受けた人の方が禁煙を続けている割合が高いとの調査結果があります。禁煙を長く続けるなら、「1人でも禁煙を続けられる」と考えて、医師に相談なく治療を中断するのは避けた方がよいでしょう。

Q17.肛門病は、必ず手術が必要ですか?

そのような事はありません。症状により薬などで治る患者さまも沢山いらっしゃいます。
患者さんご自身での判断は難しいので、専門医に診察する事をお勧めします。

清水医院アクセス

  • 【所在地】
    〒580-0043
    大阪府松原市阿保3-15-25
    詳しい地図はこちら
  • 【TEL】
    072-331-0705
  • 【交通】
    近鉄南大阪線「河内松原駅」より徒歩6分
    ※北出口から出て商店街を北へ400m
  • 【駐車場】
    医院前に3台分、敷地外に2台分ございます。
    (詳しくはお電話でお尋ね下さい)