院内紹介

  • 画像:外観

    【外観】

  • 画像:受付

    【受付】

  • 画像:待合室

    【待合室】

  • 画像:診察室1

    【診察室1】

  • 画像:診察室2

    【診察室2】

  • 画像:点滴用ベッド

    【点滴用ベッド】

  • 画像:お手洗い

    【お手洗い】

設備紹介

●心電図

心臓の収縮・拡張が正常に行なわれているか、心臓の筋肉に酸素と栄養を供給している冠状動脈の血流の流れが円滑に行なわれているか(動脈硬化がないか)、心筋に異常がないかなどが検査できます。24時間心電図がとれるホルター心電図もございます。

●内視鏡

一般的に口からの内視鏡検査は、のどの奥にある舌根にスコープが接触してしまうため、嘔吐感と窒息感に悩まされる患者さんがいらっしゃいます。
この苦痛から検査を避けられて、病気が進行してしまうといった問題もございます。 これに対し当院の内視鏡は、鼻からスコープを挿入するタイプで、スコープが舌根部に触れることなく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。
鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもありません。

●超音波検検査器(エコー)

超音波検査(エコー)とは、高周波数の超音波を心臓に発信して、返ってくる反射波を受診し、臓器の様子を画像に映し出して診断する検査です。 超音波は、臓器や組織にあたると、歪が生じるので、臓器から反射波を受信して画像に映し出し、臓器の動きを観察します。 超音波は、X線撮影やRI検査のように放射線による被曝の心配がありませんので、妊婦や乳幼児でも安心して受けることができます。

●X(エックス)線撮影

X線は、一般診療や健康診断などでも実施される単純撮影です。 X線は人体を通り抜けますが、骨のように通り抜けにくいところがあるため、通り抜けたX線を画面に写すと濃淡ができ、体内の様子を知ることができます。
当院のX線撮影では、撮影した画像を電子モニターで表示し、画像を拡大して細かな部分までの診断が可能となっています。 X線検査は肺や心臓、肺の間にある縦隔などの気管の病気について、様々な情報を得ることができますので、幅広く行なわれています。

免疫反応測定装置

●免疫反応測定装置

血液検査により炎症や感染症などの診断を行う装置です。全血全自動でCRP(体内での炎症や組織の一部が壊れたりしていたないか)を迅速測定します。

●X線骨密度測定装置

手関節(前腕遠位部)の骨量を測定する装置です。イスに腰かけ、片腕を装置に入れて測定します。 人為的誤差などのマイナス要因をシステム上からできるだけ排除することで,より正確でスピーディな検査環境を実現します。

清水医院アクセス

  • 【所在地】
    〒580-0043
    大阪府松原市阿保3-15-25
    詳しい地図はこちら
  • 【TEL】
    072-331-0705
  • 【交通】
    近鉄南大阪線「河内松原駅」より徒歩6分
    ※北出口から出て商店街を北へ400m
  • 【駐車場】
    医院前に3台分、敷地外に2台分ございます。
    (詳しくはお電話でお尋ね下さい)